脱毛サロン・脱毛クリニックは何を基準に選べばいいの?

脱毛まとめ!ムダ毛処理は女性の基本

脱毛サロン・クリニック

医療脱毛(クリニック)は脱毛サロンよりも痛いと聞くけど部位によってどのぐらい痛いの?

投稿日:

レーザー脱毛の痛さは?

みなさんはムダ毛処理、どのようにされていますか?
自己処理は手軽だけど、剃ってもすぐに生えてきてしまうしアフターケアで手を抜くと乾燥や肌荒れといったトラブルにもなりがちです。
ピンセットなどを用いた自己処理では埋没毛になってしまうことも。

自己処理は色素沈着や毛穴トラブルなど様々な危険があります。
綺麗になるためにしていることでそんなことになってしまっては本末転倒ですよね。

そんな大変だけど女性には欠かせないムダ毛処理は、プロの手に任せるのがオススメです。

脱毛の仕組みって?

クリニックでの脱毛は「医療脱毛」といい、資格を持った医療従事者のみが行える施術です。
黒いものに反応するレーザーを照射することによって毛根を破壊しムダ毛を生えてこなくするというものです。
このレーザーは今生えている全ての毛に効果がでるわけではなく「成長期」「退行期」「休止期」の三つの段階の内の「成長期」の毛にのみ効果が出るものです。
なので全てのムダ毛をなくす為には毛の生え代わり(毛周期)に合わせて複数回通うことになります。

エステでの脱毛も同じような仕組みなのですが、医療脱毛との主な違いはパワーにあります。
エステでの脱毛は毛根を破壊することができないので、完了したと思っても数年後にまた生えてくる可能性があります。
しかし医療脱毛は毛根を破壊する強い力のあるレーザーを使用しており、破壊された毛根からはもう2度と毛は生えてきません。
なので医療脱毛は「永久脱毛」なのです。

医療脱毛って痛い?

初めてクリニックでの脱毛をされる方は痛みが心配なことと思います。

医療脱毛はサロン脱毛を経験している方ならおなじみの、「ゴムをパチンとはじいたような痛み」です。
痛みの種類は一瞬パチンと叩かれたような感じなのですが、レーザー脱毛は照射とほぼ同時に冷たい空気も噴射されるので、その痛みよりも冷たさによる痛みを感じる方も多いです。

痛みが苦手な方は事前に相談すると笑気ガスという吸引するタイプの麻酔でリラックスさせてくれます。
しかしほとんどの方が麻酔なしで施術を受けており、耐えられないと感じたり痛すぎる場合は施術中に担当のスタッフに言えばすぐに照射のレベルを下げてもらえるので安心です。
「初めてなので弱めのレベルから始めてください」などのオーダーももちろん可能です。

また照射後は保冷剤などでしっかり冷やし、軟膏などのクリームも塗ってもらえるのでその後の痛みもほぼありません。

特に痛い部位ってどこ?

どこが痛くてどこが痛みを感じにくいのか、気になりますよね。
脱毛の人気部位である「顔・手・足・VIO」を痛みが弱い順にランキングにしてみました。

痛くない脱毛の部位ランキング

一位 手・足

腕の脱毛
露出する機会の多い手足の脱毛は人気の部位で、手足のセットコースの用意があるクリニックも多いです。
ここはサロン脱毛では全く痛みを感じないという人もいるくらい、痛みが少ないです。
もちろんサロン脱毛に比べると痛いですが、照射時にビクっとなることもなくリラックスした状態で施術が受けられるレベルです。
手足で麻酔を利用する方はまずいないでしょう。
痛みというよりもパチンという刺激のあとの痒みの方が残るかもしれません。

痛みが少なく効果も肌見せが安心になる手足脱毛は脱毛初心者さんにもおすすめの部位です。

回数を追うごとに照射レベルをあげてもらうこともできるので、担当のスタッフさんと相談しながら効率よく進めていきましょう。

二位 顔

顔の脱毛
顔のムダ毛がなくなるとお肌の透明感がグーンとアップすることから近年人気の顔脱毛。
絶対カミソリ負けしたくない顔は、プロの手にお任せするのがベターです。

この部位は全体が痛いというわけではなく、細かな場所ごとに痛みのレベルが違います。

顔の中でも比較的痛くないのは頬と額です。
ここは濃い毛も生えてこない場所なこともあり、痛みを感じにくいです。
逆に痛みを感じるのは鼻の下です。
ここは顔の中で他よりも痛いので覚悟が必要です。
多くの人が痛みを感じるので、担当の方から「ここは痛いかもしれません」や「大丈夫そうですか?」などと声かけがあるかもしれません。

うっすらヒゲが生えている・・なんてことをなくす為にも、狭い部位で一瞬のことなので我慢したいところです。

三位 VIO

VIOの脱毛
ここは他に部位よりかなり痛いです。
サロン脱毛でも痛みを感じるのでしっかり冷やしてから行うVIO。
サロン脱毛よりもパワーの強い医療脱毛は、もちろん更に痛いのです。

特にVの下の方(Iラインへ繋がる辺り)とIラインはビクっとしてしまうくらいです。
ここは皮膚が薄く色素沈着もあり、デリケートなエリアなので他の部位よりも低いレベルでの照射になるのですがそれでも痛いです。

Iラインの粘膜付近は医療脱毛ならギリギリまで照射してもらうことができますが、ここも敏感なので担当の方に「せーの」と声をかけながら施術してもらうと良いかもしれません。

Vラインの上の方は他のムダ毛に比べて黒い毛が生えている分痛みは強いですが、色素沈着もしないゾーンなので他のVIOより遙かに痛くないです。

Oラインは刺激に慣れていないのでビクビクしてしまうかもしれませんが狭いエリアなのであっという間に終わり、痛みに苦しむことは少ないです。

VIO脱毛は笑気ガスでの麻酔を利用する方もいるので、耐えられないと感じたら担当スタッフさんに伝えて麻酔ありに切り替えてもらいましょう。

サロンよりは痛いけれど安心の医療脱毛

クリニックでの脱毛を行ってくれるのは看護師さんたちです。
不安や痛みを伝えればプロの視点でサポートしてくれます。

例えば照射レベル。
医療脱毛で使う機械はサロンのものより強弱のレベルに幅があるので一人一人に合ったレベルでの施術をしてくれます。
最初真ん中のレベルでスタートし、敏感なところは少し下げてもらい、それでも耐えられない場合は更に弱く・・など、細かく強弱の変更も可能です。

照射後も様子を見ながらアフターケアをしてくれるので、痛みが残ったりトラブルになることもほぼありません。
照射後は湯船に浸からないようにと注意されますが、うっかり浸かってしまった・・などの困ったときも医療機関なので適切な処置を受けられます。

サロンより痛みは強いですが、安心して通えるところが医療脱毛の大きなメリットです。

医療脱毛は痛いの?まとめ

医療脱毛は部位によってはとても痛いですが、自己処理よりも安心で、サロン脱毛よりも効果の大きな施術です。

料金は安くありませんが、きちんと通えばその後は永久につるつるすべすべのお肌です。
自己処理から卒業すればお肌の乾燥も防げますし、旅行などで長期間処理できないときも安心して肌見せができます。
また、クリニックによってはモニターやコースでのキャンペーン価格のあるところもあるのでそれらを使えばお得に脱毛できちゃいます。

痛みが心配で医療脱毛に踏み切れない・・という方はまずカウンセリングで痛みに弱いことを相談してみるのがおすすめです。
カウンセリングをしてくれるのも資格を持った医療従事者の方なので、良いアドバイスをしてくれるはずです。
最初は不安で怖くてドキドキしますが一度行ってしまえば痛みよりも、目に見えて減っていくムダ毛にワクワクすること間違いありません。

痛みの不安を乗り越えて、安心安全で効果のある医療脱毛に是非チャレンジしてみてください。

-脱毛サロン・クリニック

Copyright© 脱毛まとめ!ムダ毛処理は女性の基本 , 2018 All Rights Reserved.