脱毛サロン・脱毛クリニックは何を基準に選べばいいの?

脱毛まとめ!ムダ毛処理は女性の基本

脱毛サロン・クリニックの疑問

脱毛部位の料金の違いは?部位ごとに比較!

投稿日:

脱毛サロンの部位別の料金
全身には、様々なパーツがあります。
脇の下や背中やVIOなど多彩ですが、それは脱毛の料金との関連性はあります。
基本的には面積が大きいパーツほど、料金も高めです。
ただし面積が小さくても、デリケートな箇所は料金が高めな事もあります。

施術の複数のプランとその料金

脱毛サロンやクリニックによる施術は、様々なコースがあります。
コースAやBやCなど複数用意されていて、それぞれ施術のパーツや料金が異なる訳です。
例えばあるサロンでは、次のような料金設定になっています。

  • 1ヶ所につき1,500円というプラン
  • 1ヶ所2,500円
  • 1ヶ所3,000円

上記の3つの料金は、いずれも異なるプランになります。
ですからこのお店では、プランによって料金が異なるのは明らかです。
それは何も、上記のお店だけではありません。
殆どのお店では複数プランがあって、それぞれ料金体系も異なる訳です。

施術の料金はパーツ次第

それでお店が明示している料金は、パーツによって異なる事も多いです。
具体的にどの箇所に施術を行うかにより、お店に対する支払い額も変わってきます。
上述のお店は1,500円と2,500円と3,000円ですが、それはパーツに応じた金額になります。
その脱毛サロンは、全身の各パーツを大きく3つに分類しています。
どの箇所に該当するかにより、料金も変わってくる訳です。
ですから上述のサロンの料金が何円程度になるかは、選ぶパーツ次第です。
どのパーツに対する施術を希望するかにより、料金も変わってきます。

全身の各パーツの面積が異なる

ところで全身にあるパーツは、それぞれ面積が異なります。
面積が比較的広いパーツもあれば、その逆もある訳です。
例えば、以下のようなパーツがあるとします。

  • 脇の下
  • 膝下
  • 背中

上記の3つのパーツは、面積の違いがある事は明らかです。
この3つのパーツを比較すれば、明らかに背中が一番広いです。
逆に脇の下というパーツは、面積が最も小さくなります。
鼻の下というパーツも狭いですし、手の指なども比較的狭い方です。
その面積が、料金に関わってくる傾向があります。

パーツの面積により料金が異なる

ところで上述の1,500と2,500と3,000円という3つの料金に設定しているお店でも、各パーツを面積に応じて分類しています。
その数字を見てみても、料金は面積に左右されるのは明らかです。

  • 小さいパーツは1,500円
  • 最も大きなパーツは3,000円
  • そこそこ大きいパーツは2,500円

このように分類している訳ですが、具体的にどの箇所が1,500円になるかというと、鼻の下や両脇やもみあげやあご周りなどです。
いずれも、面積は比較的狭いパーツになります。
逆に3,000円のパーツは、両胸やお腹や背中などです。
厳密には、3点目の背中は2種類になります。
「背中上」と「背中下」という2つのパーツに区分けしている訳です。
もちろん背中やお腹は、全身の各パーツの中では、比較的面積が大きな方です。
ですからこのお店では、面積が広いパーツほど料金は高めになってきます。

パーツの分類が2種類になるお店も

ただし面積の分類方法は、お店によって異なる一面があります。
上述のお店は3つに分類していますが、2つに分類しているお店もあるからです。
例えば、下記の料金体系のお店があります。

  • 大きいパーツと小さいパーツの2種類がある
  • 大きいパーツは1ヶ所4,500円前後
  • 小さいパーツは2,200円前後

ですから上述の1,500と2,500と3,500円のお店とは異なり、パーツを2種類に区分けしている事になります。
ただこの2種類に分類しているお店でも、やはり料金と面積との相関関係はあります。
上記の通り、大きなパーツなら料金も高めになるからです。

パーツによって所要時間が異なる

ところで全身の各パーツは、それぞれ施術の所要時間に関する違いがあります。
基本的には面積が大きなパーツほど、施術の所要時間は長いです。
現に、次のように明示しているサロンもあります。

  • 鼻の下に対する施術の所要時間は3分目安
  • 手の指は10分目安
  • 膝下は30分ぐらい

上記の3つのパーツは、面積に違いがあるのは明らかです。
面積が一番狭いのは鼻の下で、膝下が一番広いです。
膝下のような広いパーツにフラッシュの光を浴びせていけば、施術の時間も長くなる訳です。
逆に鼻の下というパーツは、面積が非常に狭いですから、施術も短時間で済む傾向があります。

なぜ所要時間が長いと料金が高くなるか

サロンやクリニックに対する料金は、基本的には所要時間に左右されます。
長い時間をかければ、それだけ料金も高めになる訳です。

  • 10分程度の施術なら2,500円
  • 30分程度なら4,000円
  • 1時間程度は6,000円

つまり料金と所要時間との間には、比例関係があります。
なぜなら施術の時間が長くなれば、サロンのスタッフに対する労力も大きくなります。
労力が大きくなれば、もちろん施術の料金も高くなる訳です。
ですから面積が広いパーツに対する料金は、自然と高めになる傾向があります。

デリケートなパーツは料金も高い傾向がある

ただし、やや独特なパーツもあります。
面積がやや狭くても、料金が高めなパーツも存在するからです。
例えば、やや傷が付きやすいパーツです。
サロンによるフラッシュは、やはり肌に対する影響はあります。
ですから繊細なパーツの肌は、施術によって何らかのトラブルが生じる確率も高くなる訳です。
中でもデリケートなのは、VIOというパーツです。
フラッシュによる影響を受けやすいパーツですから、サロンによっては施術自体が困難な事もあります。

たとえ面積が狭くても料金は高めなVIOというパーツ

例えばあるサロンでは、次のような数字を明示しています。

  • 13,750円
  • 86,000円前後
  • 55,000円

この3つの数字が何を示すかというと、ある3つのパーツに対する施術の料金です。
明らかに、86,000円が一番大きな数字になります。
この86,000円というパーツは、VIOです。
つまりこのサロンでは、VIOの料金が一番高くなる訳です。しかも他の2つのパーツと比べると、面積は明らかに狭いです。

上述の55,000円というパーツは、実は膝下なのです。
このお店による施術の各パーツの中では、比較的面積は広い方です。
にもかかわらずVIOの方が、料金は高めになる訳です。
なぜなら、VIOは大変デリケートだからです。他のパーツよりも肌が繊細ですから、フラッシュの光が浴びせられると、トラブルが生じる可能性もあります。
ですから、高い技術レベルが求められる訳です。
つまりハイレベルな技術が必要なパーツは、料金も高めになる訳です。

各パーツに対する料金は何円くらいか

なおクリニックやサロンによって、数字に違いはあります。
各パーツに対する施術の料金目安は、下記の通りになります。

  • 脇の下は5回で11,000円から19,000円目安
  • 肘下なら5回で55,000円から72,000円
  • VIOは7万円から99,000円

ですからお店やサロンにより、数字が異なるのは確かです。
ですが、どの病院やお店の料金も面積との相関関係は見られます。
脇の下は比較的狭いパーツですが、2万円以上の施術料金は殆ど見られません。
逆に肘下などの広いパーツなら、7万円を超える事もある訳です。

脱毛部位の料金の違いまとめ

脱毛のクリニックやサロンによる料金は、面積やデリケートさという要素に左右される傾向があります。
基本的には、施術の所要時間が長くなれば、料金も高めになると見て良いでしょう。
ですから対象パーツ数が多い全身脱毛のプランなどは、料金も一番高めになります。

-脱毛サロン・クリニックの疑問

Copyright© 脱毛まとめ!ムダ毛処理は女性の基本 , 2018 All Rights Reserved.