キレイモ

キレイモのシェービングサービスはどこまで?料金を比較

投稿日:2018年8月6日 更新日:

キレイモのシェービングサービス
脱毛サロンの施術前にかならず行わなければいけないこと、それがムダ毛のシェービングです。
ムダ毛処理は、キレイモに限らず脱毛ラボや銀座カラーなど、すべてのサロンで同様のことがいえます。

しかし、背中やヒップまわりなど、物理的に自分の手が届かない範囲は、どうすることもできません。
そこで、各脱毛サロンでスタッフによるシェービング補助サービスが展開されていますが、この費用や対応方法はそれぞれのサロンによって違いがあります。

  • シェービング補助サービスはお金がかかるの?
  • きちんと自己処理をおこなっていれば費用はとられないですむの?
  • 全身のシェービングをしてくれるの?

など、キレイモのシェービングに関して、公式サイトでの説明がほとんどないことから、多くの疑問があるはすです。
その疑問をすべて解決できるようにキレイモのシェービング補助サービスについて徹底解説していきます!

キレイモのシェービングサービスは有料なの?

脱毛サロンで施術を受けるためには、あらかじめムダ毛の自己処理をしておかなければいけません。
そうしなければ、脱毛効果が落ちるうえに、肌トラブルの原因になりかねないからです。

とはいえ、ムダ毛を処理をしようとしても、背中やOラインなどは手も目も届かないためどうすることもできません。
そこで、各脱毛サロンでは手の届かない範囲のみスタッフの手でシェービングを行ってくれるサービスがあるのです。

キレイモの月額制プランはシェービング代1,000円がかかる!

見出しのとおりですが、キレイモの月額制プランに通っている方はシェービング代が施術ごとに1,000円(税込み)かかります。
これは、仮に剃り残しがない場合でも、毎月1,000円のシェービング補助代を支払うシステムに変わっているため注意が必要です。

そのため、通常の施術料金9,500円+シェービング代1,000円=10,500円を毎月支払うことになると認識しまいましょう。
ちなみに、キレイモの施術効果を感じるまでの平均回数は以下のようになっています。

施術回数 効果
初回 施術後1~2週の間にムダ毛が落ち始める
6回 全身脱毛を受け始めてから1年が終わるころには、自己処理の回数が少なくなるのを実感する
12回 全身脱毛を受け始めてから2年が終わるころには、新しく生えてくる毛もかなり少なくなり自己処理もしなくなる
18回 全身脱毛を受け始めてから3年が終わるころには、ほぼ脱毛が終了
そこから10~15年単位で脱毛効果が継続される

ここからも分かるように、大抵の方は18回前後で脱毛が終了します。
1回の施術ごとに1,000円を支払うということは、シェービング代だけでも18,000円の費用がかかるということです。

その点を考えると、やはり回数制パックや通い放題プランのほうがオトクだといえますね。
キレイモは初月分が無料

\お得なキャンペーンがいっぱい♪/

キレイモの回数制パックプランと通い放題プランはシェービング代が無料!

回数制パックプランや通い放題プランの場合は、シェービングサービス代0円でおこなってくれます。
これらのプランは、月々固定額を支払っていく月額制プランとは違い、先にまとまった回数を購入して施術を受けていくプランのため、以下のようなメリットが用意されています。

メリット

  • シェービング代が無料
  • 1回にかかる施術料金が月額制プランに比べて安い
  • 予約のキャンセルが前日まで対応可能(月額制プランの場合は3日前まで)
  • 顔脱毛と顔フェイシャルを施術ごとに選択することができる(月額制プランは顔脱毛のみ)
  • 支払い方法は現金・クレジットカードの他に、キレイモ分割ローンが用意されているため、月々の負担を軽くすることができる

この点から考えても、シェービング代の追加料金がもったいないと感じる方は、キレイモの回数制パックプランもしくは通い放題プランで申し込むことをオススメします。
それぞれの料金プランについては、コチラ(回数制パックプランについて)とコチラ(通い放題プランについて)を確認してください。

他の脱毛サロンとキレイモのシェービングサービスを徹底比較!

シェービングサービスについて、キレイモ内だけでなく他の脱毛サロン同士での比較もおこなっていきます。
料金だけではなく、シェービングの対応範囲についても表にまとめていますので、是非チェックしてください。

サロン名 シェービング対応範囲 シェービング代 剃り残しの対応
キレイモ
(月額制プラン)
背中・うなじ・ヒップ・Oライン 1回の施術ごとに1,000円 剃り残し部分を避けて施術を行う
キレイモ
(回数制パックプラン)
背中・うなじ・ヒップ・Oライン 無料 剃り残し部分を避けて施術を行う
銀座カラー 襟足・背中・腰・ヒップ・Oライン 無料
(電気シェーバーは持参)
剃り残し部分を避けて施術を行う
ミュゼプラチナム 襟足・背中・腰・ヒップ・Oライン 無料 剃り残し部分を避けて施術を行う(全体が剃り残しがあった場合は断られる可能性がある)
シースリー うなじ・背中・ヒップ 無料 無料でシェービング対応(できる限り自己処理をしておかないと断られる可能性もある)
脱毛ラボ 全身 VIOや顔脱毛も行うと1回1,500円、上記の部位以外だけの場合は1回1,000円 剃り残し部分を避けて施術を行う

上記からもわかるとおり、基本的にはどこのサロンでも手の届く範囲を自己処理していなかった場合は、その部位を避けた施術しか行ってくれません。
そのため、いくら回数制パックプランや通い放題プランが無料で行ってくれるとはいえ、自分でもできる限りのことはしないといけないのです。

ちなみに、表から読み取れるのは銀座カラーが一見無料でオトクだということ。
しかし、これも注意が必要で、通常料金で加入(割引プランなし)した場合は無料で利用できますが、キャンペーンを利用して申し込んだ場合は適用外となります。

その場合シェービング代が1回ごとに3,000円かかるため、上記5店舗のなかでも1番費用がかかるということになるので注意が必要です。

\スピード脱毛ならこちら♪/

キレイモのシェービングサービスはコスパ面でもオススメ!

意外と見落としがちですが、シェービング代は施術ごとに費用がかかります。
つまり、通うペースが多ければ多いほど、結局トータルで計算した場合はより膨大な費用が必要になってしまっているのです。
背中のシェービング
その点から考えると、全身を4回に分けて行う他サロンよりも、全身を1回の施術で終わらせてくれるキレイモの方が、シェービング代もかからないと言えます。
脱毛にお金も時間も取られたくないという方は、キレイモを検討してみることをオススメします!

キレイモで施術を受けるまえにシェービングする時の注意ポイント

キレイモを始めとした脱毛サロンでは、なぜ施術前にシェービングする必要があるのでしょうか?
それは、脱毛に使用する機械の仕組みが深く関係しています。

サロンで使用している機械は、皮膚に光を照射して毛根のメラニン色素と反応させることで、脱毛効果が得られる仕組みになっています。
この機械を使用するさいに、ムダ毛が生えている状態だと、この施術を行っても表皮の毛に光が反応してしまうため、脱毛効果はほとんどありません。

また、照射時の痛みも強く感じたり、それによって皮膚炎などが発症するリスクが高まってしまいます。
そのため、脱毛サロンの施術を受けるのであれば、ムダ毛がない状態で望む必要があるのです。

自己処理にはシェーバーを使用する!

シェービングの注意点
自分でシェービングする方法として、皆さんは何を使用していますか?
実は施術を受ける前に、行ってはいけない脱毛方法があります。

それは、「毛抜」や「ブラジリアンワックス」による自己処理方法です。
確かに、この方法だとキレイにムダ毛処理もできるため、キレイモのスタッフも喜んでくれそうですよね。

しかし、上記の方法だと毛根ごとムダ毛を抜いてしまいます。
フラッシュ(光)脱毛器は毛根に作用してムダ毛が生えにくくしていきます。毛根をなくしてしまうとその効果は全く意味のないものになってしまうため、絶対にNG行為なのです!

また、T字カミソリで脱毛する方法も、肌に負担をかけてしまう原因になります。
その状態で脱毛を受けると、少なからずダメージがある肌にさらに負担をかけることになってしまうのです。

そのため、肌荒れなどのトラブルを防ぐためにも、脱毛前の自己処理はシェーバーを使用するようにしましょう。

施術の2日前までには自己処理をすませておくこと!

キレイモで受ける施術の2日前までに自分でシェービングをしておく理由は以下の2つです。

1. 剃り残しをなくすことができる

剃り残しをなくすことで、お互いに気持ちのよい施術をうけることができます。
その方法として、2日前に一度剃っておいて、前日にもう一度確認をするという方法がオススメなのです。

また、3日前は上半身を、2日前に下半身など部分ごとに分けて自己処理をしていっても良いでしょう。

2. 肌の炎症を抑えることができる

上記でも解説しましたが、自己処理による肌の炎症が起きた状態で脱毛の施術をうけるのはオススメできません。
そのため、少なくとも2日前にはシェーバーによる自己処理をすませておき、肌の回復をさせておく必要があります。

特に、あなたの肌が敏感肌である場合は注意が必要です。
少なくとも丸1日あけるだけでも、肌トラブルが起きる可能性をかなり下げることができます。

赤い腫れやかゆみに悩まされないためにも、2日前までには自己処理を済ませるようにしておきましょう。

シェービング後はいつもよりも入念なお手入れが大切!

ムダ毛の自己処理が終わったら、いつもより入念に保湿をしてお肌の炎症を抑えるようにしましょう。
T字カミソリよりは肌の負担が軽いですが、やはりシェーバーを利用しても肌はすくなからずダメージを負っています。

そのため、キレイモの施術を受ける前にできるだけ肌の炎症を回復させるためにも、シェービング後の保湿対策はしっかりとするようにしてください。

シェービングしにくいVIOの自己処理方法

VIOはどうしても自己処理では見えにくい部分であるため、1番剃りづらい場所ですよね。
キレイモでは、Oラインはシェービング補助対象部位になるため、実際に自分の手で行わなければいけないのはVラインとIラインです。

~Iラインの自己処理の手順~

  1. 蒸しタオルでムダ毛を柔らかくした状態で、ヒートカッターを使用しムダ毛の長さを短くしていく
  2. 体育座りの格好をして足を開き、前に鏡をおく
  3. 利き手のほうにシェーバーを持ち、もう片方は皮膚を平らに伸ばすようにしながらムダ毛を剃っていく
説明する女性
キレイモでは粘膜のギリギリまで脱毛することができるので、可能な限りムダ毛の処理が出来るよ♪

~Vラインの自己処理の手順~

  1. ヒートカッターを使用してムダ毛を短くカットしていく
  2. 電気シェーバーでムダ毛を剃り落としていく
  3. 保湿クリームで肌を落ち着かせる

そもそも、Vラインについては全剃りをする必要があるのか?という疑問があります。とりあえず全体の毛量を減らしたいという方は、少なくとも2回の施術が終わるまでは全剃りするようにしてください。
その後、アンダーヘアーの形で希望がある方は、その形にあうように事前に形をつくってキレイモで脱毛施術を受けるようにしましょう。

施術当日にしてはいけないこと6選!

上記では、T字カミソリやブラジリアンワックスを使用した自己処理をしてはいけないと解説しました。
しかし、肌に負担がかかる自己処理以外にも、脱毛当日に行ってはいけないことがいくつかあるので紹介していきます。

入浴

脱毛当日におこなってはいけないこと1つ目は「入浴」です。
入浴してしまうと、どうしても体温が上がって血流が促進されます。

そうすると、施術時の肌への負担が通常よりも重くなってしまうことがあるため、肌トラブルの原因となってしまうのです。
また、施術後も当日はお風呂に入るのではなく、シャワーで軽めに洗い流す程度にしてください。

浴槽のお湯はどうしても雑菌が発生しやすく、脱毛した後の敏感な肌では、炎症をおこす危険性があるためです。

激しい運動

施術当日におこなってはいけないこと2つ目は「激しい運動」です。
これも、入浴同様に血行が促進されてしまい、炎症の原因となる危険性があります。

それを防ぐためにも、脱毛当日は施術前後ともに激しい運動をしないようにしましょう。

日焼け

夏といえば海やプールですが、脱毛を受けている期間は日焼けNGです。
脱毛サロンで使用している機器は、基本的に黒いメラニン色素に反応して光を照射し、毛穴にダメージを与えていくという方法をとっています。

そのため、もし日焼けをしてしまうと、黒く焼けた肌に機械が反応してしまう危険性があるということ。
安全面から考えて、日焼けした肌にはキレイモを始めとした大手脱毛サロンでは施術を行うことができません。

海やプールに行く場合、全身の日焼け止めをしっかりと行うようにしてください。

アルコール

脱毛前にアルコールを飲む方は少ないと思いますが、脱毛後の飲酒も控えるようにしましょう。
これも、血行促進の原因となってしまうためです。

アルコールを飲むことによって身体がポカポカするのは、肌の血流が促進されているため。
脱毛部位によっては、ダメージを負った肌が炎症を起こしてしまうため、お酒は控えるようにしましょう。

予防接種

キレイモの場合、予防接種を受ける前後2週間は脱毛をうけることができません。
学生の方は特にインフルエンザの時期など注意が必要です。

ついつい、この注意事項を忘れて施術をうけてしまうと、肌トラブルが起きる危険性があります。
予防接種とは体内に加工したウイルスを入れて、抗体を作るという治療法です。

身体には多少なりの負担が強いられるため、免疫力の低下などから、普段なら大丈夫なダメージでも炎症を引き起こすかもしれません。
予防接種をうけるさいには、施術日との日程を調整するようにしましょう。

薬の服用

脱毛を受ける当日は施術前後に関わらず、薬の服用を控えるようにしましょう。
薬によってその症状はさまざまですが、内容によっては光への感度を高める作用や、血行促進効果など、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

どうしても服用をしなければいけない場合は、一度医者もしくはキレイモのスタッフに確認をとるようにしてください。

キレイモのシェービング補助サービスに関するQ&A

Q.:キレイモにメイクをして行っても問題ないの?

A.来院時にメイクをしていくのは問題ありません。

すっぴんで外に出るのは嫌だという方が多い中、キレイモはメイクをして来院することが許可されています。

ただし、施術時にはアイメイク以外はクレンジングで落とさなければいけないため、メイク道具の持参は避けられません。
キレイモにはパウダールームが用意され、ここでお化粧直しができます。

この手順が面倒くさい方は、マスクや帽子などをうまく利用して、目元だけバッチリ決めておくのも1つの手です。

Q.:キレイモのシェービング代の支払い方法は?

A.キレイモのシェービング代は毎月の自動引落時に引き落とされます。

シェービング代が有料なのは月額制プランの方のみで、通い放題プランと回数制パックプランの場合は無料でおこなってくれます。

そして、月額制プランの支払い方法はクレジットカードもしくは現金の2種類しかなく、毎月の自動引落時に一緒にシェービング代も引き落とされているのです。

キレイモの支払いは2ヶ月前払い!

多くの方が勘違いされていますが、キレイモは当月分の費用を支払っているのではなく、2ヶ月前払いになっています。
例えば、5月にあなたが契約した場合、キレイモの申込時には7月分までを支払って、翌6月に8月分が引き落とされるというシステムです。

2ヶ月前払いだからなんなの?と思われるかもしれませんが、解約をするさいには2ヶ月前申告になります。
4月にキレイモをやめたいと思った場合は、2月に言わなければ間に合わないということです。

損をしないためにも、退会するタイミングを逃さないように気をつけなければいけません。

Q.:キレイモはVIOに関してもシェービングしてくれるの?

A.対応可能です。しかし、VIOラインのOラインにのみキレイモはシェービング補助をおこなっています。

上記でも解説したとおり、キレイモのシェービング補助サービスとはあくまでも「背中・うなじ・ヒップ・Oライン」です。

そのため、IラインとVラインに関しては施術前に自己処理を行わなければいけません。

Q.:キレイモのVIO施術の流れってどんな感じなの?

A.キレイモのVIO施術の流れは以下のとおりです。

  1. 紙ショーツにはきかえて、腰にタオルをまきつけます。着替え室にはウェットシートがあるため、施術直前にケアをすること可能です。
  2. その後は、シェービングでOラインを中心にムダ毛を剃り、消毒→マスキング→光を照射していきます。
  3. Oラインのシェービングはキレイモのスタッフが行いますが、体制はうつぶせで紙ショーツの隙間からおこなうため、時間はほとんどかかりません
  4. VラインやIラインの施術時にも常に顔をタオルで隠しているので、顔をあわせることも一切ありません

シェービングサービスも含めて脱毛にかかる施術時間は約90分前後です。
キレイモは国内で作られた最新の脱毛機器Piel(ピエル)を採用したことによって、最後まで落ちない効果と時間短縮を実現しました。

確かに、デリケートゾーンは恥ずかしい部位ではありますが、キレイモではお客様が不快に感じないように対応をしてくれています。

Q.:全身のシェービングをキレイモは行ってくれるの?

A.行ってくれることもありますが確実ではありません。

上記でも紹介したとおりキレイモのシェービング補助サービスの対象部位は「背中・うなじ・ヒップ・Oライン」になります。
目に見えないところは代わりにシェービングしてあげるけど、目に見えるところは自分で処理してくださいね!ということです。

しかし、キレイモはシェービング補助サービスに関してルールを厳しく定めているわけではありません。
スタッフによっては多少スネやワキが生えていたとしても、大目にみて対応してくれる場合もあるのです。

もちろん毎回シェービングを忘れてしまうと、さすがに対応しきれないということでムダ毛が生えている部位を除いた施術を行われてしまうかもしれません。
お互いが気持ちよく施術を行えるように、あらかじめ決められたルールは守るようにしましょう。

Q.:施術後の自己処理はいつからやっていいの?

A.最短で3日、可能であれば1週間はあけるようにしましょう。

脱毛後は光を照射したことによって肌に負担がかかっている状態のため、可能な限り自己処理を控える必要があります。

とはいえ、キレイモに通い始めてからまだ日が経っていない方は、すぐに脱毛の効果を感じられるわけではありません。
そのため、生えてきた毛の処理をしなければいけないのです。

施術後の正しい対応について、キレイモ公式の返答はありませんでしたが、目安として最短でも3日、理想的なのは1週間程度あけるようにしましょう。

Q.:キレイモについてから自己処理をしてはいけないのでしょうか?

A.残念ながら、クリニック内での自己処理はルール上NG行為となっています。

仮に、キレイモの施術前に自己処理をOKした場合、1人にかかる施術時間の延長や肌トラブルの多発などが安易に想像できますよね。

そのため、原則ルールとしてキレイモ内での自己処理を認めてはいないのです。
特別扱いで自己処理の許可をもらう方もいるかもしれませんが、それはあくまでも特別に今回だけ許可が降りたのだと認識しましょう。

キレイモのシェービングのまとめ

いかがでしょうか。
本記事で紹介したキレイモのシェービングサービスの特徴をまとめると以下のようになります。

  1. 月額制プランの方は毎月1,000円分が自動的に口座から引き落とされる
  2. 回数制パックプランと通い放題プランの方はシェービング代0円!
  3. 自己処理の方法は電気シェーバーを利用すると肌のダメージを比較的抑えることができる
  4. 他の脱毛サロンと比較しても、総合的にみるとコスパが良い
  5. キレイモのシェービングサービス対象部位は、「背中・うなじ・ヒップ・Oライン」の4箇所
  6. 対象部位以外にムダ毛の剃り残しがあった場合、基本的にはそこを避けた脱毛施術が行われる

ざっとまとめると上記の6点です。
以前は月額制プランの方も、ムダ毛がなければシェービング代を取っていなかったため、他のサイトを参考にする時は気をつけましょう。

改めて、最後に伝えたいことは

説明する女性
自分の手に届く範囲は自己処理をしなければいけない
という点です。
大変だとは思いますが満足できる施術を受けられるように、自身で処理できる範囲は剃り残しのないようにしましょう。
キレイモは初月分が無料

\スピード脱毛ならココ♪/

-キレイモ

Copyright© 脱毛まとめ♪つるつるお肌 , 2018 All Rights Reserved.